FavBinEdit

4GBを超えるファイルも編集可能なバイナリエディタ。

Q&A

Q1.ウイルスは入っていますか。

ウイルスは付属していません。一時期、ブラウザやウイルス検索ソフトに誤検知される事があったようですが、全くの誤解ですので問題ありません。 海外のダウンロードサイトへ無断転載されているものについては、インストーラなどに細工がされている可能性があるので、できるだけ本サイトも しくは、ベクターさんからダウンロードするようにしてください。 ウイルスをお求めの場合は、ウイルス対策ソフトをOFFするなど自己責任でお願いします(W)。

Q2.FavBinEditは32bitアプリなのに4GB以上のファイルが編集できるのは何故ですか。

FavBinEditはファイルをメモリ内に全て読み込まずに、必要な分だけメモリに読み込んで作業 します。作業中にどうしても、読み込みが必要となった際は、編集前のファイルから都度、必 要な分だけ読み込んで作業します。編集前のファイルに対して、新規に4GB分のデータを追加 などは流石にFavBinEditでも行う事はできませんが、そのようなケースでも2GBの追加→一旦 保存して再オープン→2GBの追加などの手順で回避する事は可能です。

Q3.FavBinEditはアドレスが16桁もありますが、1TBを超えるようなファイルも編集できますか。

FavBinEditは一度にメモリに読み込まないので、1TBを超えるようなファイルでも 問題無く参照、編集が可能です。ただし、一度に編集できるデータの量は理論上は2GBまでと なります。保存をこまめに行うなどすれば、2GB以上の編集も可能です。

Q4.ウオッチデータとは何ですか。

範囲を選択して、"Ctrl + W"キーを押下すると、画面の下部にウインドウが表示され て、選択した範囲がリストに追加されます。これをウォッチポイントと呼んでいます。 ウオッチデータでは、値の変更や名前を付けて管理する事ができます。メニューから ウオッチデータの保存、読み込みを行う事もできます。バイナリファイルの内容を解析 する際などに利用してください。

Q5.ウオッチデータは保存できますか。

「メニュー」→「ウオッチ」→「ウオッチデータの保存」を選択すると、保存する事ができます。 保存したウオッチデータを読み込むには、「メニュー」→「ウオッチ」→「ウオッチデータの読み込み」 を選択します。

Q6.比較の使い方が解りません。

比較を行う場合は、FavBinEditを2つ起動して、それぞれファイルをオープンします。比較ボタンを押下 するとファイルの相違がある部分は色づけされて表示されます。ファイルを3つ以上開いていた場合には どのファイルと比較を行うかを選択する事で比較を行います。

Q7.ショートカットをクリックしても起動しません。

Ver1.0.0にて環境によって起動しない問題がありました。Ver1.0.1で修正していますので、Ver1.0.1以降 をご利用ください。

Q8.UTF-8を表示できますか。

表示可能です。FavBinEditは以下の文字コードに対応しています。検索やGREPを行う事もできます。

■対応文字コード
 ASCII, EUC, JIS, SJIS, UCS-2, UCS-4, UTF-7, UTF-8, UTF-16(LE), UTF-16(BE), UTF-32(LE), UTF-32(BE)





FavBinEdit

4GBを超えるファイルも編集可能なバイナリエディタ。