わびさび Free Time

わびさびサンプルソース - 自由な時間。

VMwareでBIOS画面を出す方法

VMWareは仮想環境ですが、BIOSまでしっかりとエミュレートしています。 ここでは、VMWareでBIOS画面を出す方法をご紹介します。

BIOS画面を出す方法

仮想環境を起動したら、ひたすらF2キーを連打します。

BIOS画面をもっと出しやすくする方法

VMwareの仮想マシンのフォルダの中に.vmxというファイルがあります。そのファイルをノートパッドや テキストエディタで開いて、一番最後の行に以下を追加します。

bios.bootDelay="3000"

これを記載する事によって、BIOSが起動するまでの時間を3秒間遅らせる事ができます。その間にF2キー を押下する事でめでたくBIOS画面を起動する事ができます。(bootDelay="3000"のパラメータは時間でmsになっている ので5秒にしたければbootDelay="5000"としてください。)
 





わびさび Free Time

わびさびサンプルソース - 自由な時間。