わびさび Free Time

わびさびサンプルソース - 自由な時間。

Unityでユニティちゃんを動かす

プロジェクトの作成

Unityでユニティーちゃんのモデルを動かせるところまでの手順を解説したいと思います。

新規プロジェクトの作成

プロジェクト名を適当に入力してください(ここでは、「UnityChan」としました) そして「Create Project」ボタンを押下します。

床の作成

まずは、ユニティちゃんとは直接関係はありませんが、見栄えを良くする為に床を作成します。

Plan Objectの生成

「Hierarchy」→「3D Object」→「Plane」を選択します。すると、一枚板のPlaneオブジェクトが作成されます。

Plan Objectが作成されました

Plan Objectの大きさの設定

「Hierarchy」で「Plane」オブジェクトを選択して、「Inspector」→「Transform」→「Scale」で 大きさを設定します。(ここでは、適当にXを100,Yを1,Zを100に設定しました。)

Plan Objectの大きさが変更されました

床に模様を設定する

Pnaleオブジェクトを生成しただけだと、真っ白なのでテクスチャを設定します。

テクスチャの登録

Floor.pngを「Assets」にドラッグ&ドロップします。 すると、「Assets」に「Floor」がインポートされます。

マテリアルの生成

オブジェクトの材質を設定するマテリアルを作成します。「Assets」→「Create」→「Material」を選択するとマテリアルが作成されます。

マテリアルの名前を決める

マテリアルの名前を適当に決めます。(ここでは、「FloorMaterial」としました。)

マテリアルにテクスチャを設定する

「Assets」→「FloorMaterial」を選択します。 先ほど登録した「Assets」→「Floor」テクスチャを左クリックしてそのままドラッグして、 「Inspector」→「Albedo」にドロップします。すると、マテリアルにテクスチャが登録されます。

Planeオブジェクトにマテリアルを設定する

「Assets」→「FloorMaterial」を選択します。 左クリックしてそのままドラッグして、「Hierarchy」にドロップします。すると、Planeオブジェクトにマテリアルが設定されます。

床に模様が設定されました。

テクスチャの繰り返し回数を設定する

マテリアルにテクスチャを設定すると、1枚板としてテクスチャが配置されますので、テクスチャ貼り付けの繰り返し回数を設定します。 「Inspector」→「Tiling」を繰り返したい回数だけ、適当に調整します。(ここでは、Xに100、Yに100を設定しました。)

テクスチャが繰り返されるようになりました

ここまでで、床の作成が完了しました。

ユニティちゃんのインポート

ユニティちゃんのパッケージ「UnityChan_1_2_1.unitypackage」を「Assets」にドラッグ&ドロップします。

パッケージのインポート

「UnityChan_1_2_1」パッケージの内容が表示されるので、「Import」を押下して、インポートします。

ユニティちゃんを配置

「Assets」→「Prefabs」→「unitychan_dynamic」を左クリックで選択して、そのままドラッグして「Hierarchy」にドロップします。 すると、ユニティちゃんのモデルが配置されます。

ユニティちゃんが配置されました

メインカメラの設定

デフォルトだとメインカメラの位置が若干遠いので、メインカメラの位置を調節します。 「Hierarchy」→「Main Camara」を選択して、「Inspector」→「Transform」→「Position」でカメラ位置を設定します。 (ここでは、Xに0、Yに1、Zに-4)を設定しました。)

カメラの位置が近づきました

当たり判定の調整

デフォルトだと、当たり判定に使用するCapsule Colliderが若干下の方に配置されている為に、モデルが若干浮いた状態になります。

Capsule Colliderの設定

「Hierarchy」→「Capsule Collider」を選択して、「Center」でCapsule Collderの位置を調整します。 (ここでは、Xに0、Yに0.5、Zに0を設定しました。)

ユニティちゃんモデルを動かせるようにする

ユニティちゃんのアニメーションを設定します。

Animatorsの設定

「Hierarchy」→「unitychan_dynnamic」を選択します。 「Assets」→「Animators」→「UnityChanLocomotions」を左クリックで選択して、そのままドラッグして「Inspector」→「Animator」→「Controller」にドロップします。

スクリプトの設定

「Assets」→「Scrips」→「UnityChanControlScriptWithRgidBody」を左クリックで選択して、そのままドラッグして「Inspector」の一番下 の「AddCompornent」ボタンの横の隙間の辺りにドロップします。

Unityをrunモードにするとユニティちゃんが動かせます

ユニティちゃんを動かせます

カーソルキーで移動。スペースキーでジャンプや、リラックスのポーズができます。

ライセンス

この記事はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています






わびさび Free Time

わびさびサンプルソース - 自由な時間。