FavSleepStop

特定のプロセス起動中にスクリーンセーバーやスリープにならないようにします。

FavSleepStop

FavSleepStopとは

FavSleepStopは、特定のプロセスが起動している時に、コンピューターがスクリーンセーバーや、 スリープ状態になるのを抑止することができるアプリケーションです。 スリープの抑止に対応していないソフトをあらかじめ登録しておくだけで、そのソフトが起動中に、 スクリーンセーバーやスリープになってしまうことを抑制できます。


スクリーンセーバー/スリープの抑止

フリーソフトなど、普段キーボードやマウスの操作では、スクリーンセーバーやスリープになる事はありませんが、 赤外線リモコンや、ゲームパッドで操作していると、スクリーンセーバーやスリープ状態になって、 ディスプレイが消えてしまったなどの経験のある方にお勧めです。

アプリ(プロセス)を登録しておくだけの簡単操作


スリープを抑止したいアプリ(プロセス)を登録するだけの簡単操作です。常駐しているので、 スリープ非対応のアプリを起動すると、自動的にスクリーンセーバーやスリープが抑止されるようになります。

スリープの禁止状態が一目でわかります




対応OS

  • Windows10
  • Windows8/8.1
  • Windows7
  • WindowsVista
  • WindowsXp

ダウンロード(無料)

FavSleepStop 1.0.1

ニュース

改定履歴

1.0.1(2016/06/29)

  • チェックボックスの状態が保存されない問題を修正しました。
  • リソースリークを修正しました。
  • タスクトレイアイコンに失敗する件を修正しました。

過去の改定履歴

過去の改定履歴はこちら






FavSleepStop

特定のプロセス起動中にスクリーンセーバーやスリープにならないようにします。